2010年6月1日火曜日

婦人会遠足

先週の金曜日に、教会婦人会の遠足に行きました。
31年ぶりの倉敷です。
小さくて古い、パイプオルガンでミサの伴奏を弾かせていただくことになっていたので、朝6時に家を出て、車で先に行きました。素敵な教会、可愛らしいオルガン、優しい信徒さん方と神父様に迎えられて、気持ちよくミサに参加出来ました。
1階から
見上げたところです。
鍵盤です。
手鍵盤が1段と、足鍵盤があります。
2階から見たミサの様子です。
大原美術館をバックに記念撮影!

2 件のコメント:

真理子 さんのコメント...

お疲れ様でした。
話に聞いていたより、ちゃんとしたオルガンなんですね。
仲良くなるまで、時間がかかりそう・・・

音色はどんなだったんでしょう?

yuko miura  さんのコメント...

真理子さん,
ご一緒出来なくて残念でした。
とても可愛らしい見かけの割にははつきりした音でした。とても繊細な楽器と言う訳では有りません。メンテナンスの問題もあるでしょう。新しい電子オルガンと弾き比べて見ましたが、音が持つ意思の力の強さが全く違うと思いました。
下で聴いた時の音量などはよく分かりませんが(録音するのを忘れました〕、ストップ一つでもしっかりと支えてくれる印象です。