2011年3月16日水曜日

祈りと音楽の集い

1ヶ月以上更新していませんでした。
この間に世界が変わるような思いです。
3月上旬にドイツに5日間ほど行きました。
グレゴリオ聖歌のセミナーと、修道院訪問です。
そのことを、ブログに書きたいと思っている間に、
大変な地震が起きました。
ドイツのことは、もう少し気持ちが落ち着いてからまとめてみたいと思います。

地震には、いろいろなことを考えさせられました。
16年前のことも思い出します。
でも、すべてが流されて行く映像には、
言葉もありません。
今、自分が何をすべきなのかを考え込んでしまいます。

でも、考えてばかりいても仕方が無いので、
与えられた仕事を精一杯にと思いなおします。
上記の集いで、オルガンを弾きます。
バッハの、
「人よ、汝の罪の多いなるを嘆け」
「主イエス・キリストよ、私はあなたに呼びかける。」
「我らが、苦しみの極みにある時」など、
またソプラノ独唱(浅野純加さん)とともに、
フォーレの「Pie Jesu」
カッチーニの「Ave Maria」他と、
神父様のお話と祈りです。
表題のことはもちろん、
すべての方のための祈りになればと思います。

2 件のコメント:

momo さんのコメント...

今回も聴きに行けません…。
残念です!!

祈りのこもった音楽でたくさんの人の
心が癒されることと思います。
私も祈りを持ってその時を過ごしたいと
思います。

yuko miura  さんのコメント...

コメントありがとう。
祈るしかない今、一緒に心を合わせてください。