2010年5月21日金曜日

「博士の愛した数式」小川洋子

連休に読み終えた本です。

とても有名なのに、本も読んでいないし、映画も見ていませんでした。
生来の数学嫌いで、数式と言う言葉に拒絶反応があったからです。
でも、小川洋子ファンに最近なりつつあると、この本を読まないわけにはいかないと思って、手に取りました。
さすがです。「猫を抱いて象と泳ぐ」でもそうであったように、知らない世界のことを書いてあっても、十分に楽しむことができます。猫、の場合はチェス、今回は数式ですが、それがキーワードになっていますがそれを通して、人間を見ているので、数式自体を分かる必要はないのです。
小川洋子の作品は登場人物に対する愛情が感じられて、読後感がいいです。

2 件のコメント:

momo さんのコメント...

小川洋子、私の大好きな作家の一人です!
彼女は天才肌の作家だな~といつも思います。
「博士の愛した数式」大好きな作品です。
映画もなかなか良かったですよ。

yuko miura  さんのコメント...

本当に小川洋子さんは文章がきれいで、読後感が良くて好きです。
映画のDVDを借りてこようかな。